わんぱく相撲力士の岩上君に期待!!

青年会議所が主催する第33回わんぱく相撲富士場所が19日総合運動場の相撲場で開催されました。今年も市内の小学生、100人以上が参加する大会であります。私もわんぱく相撲クラブ顧問として開会式から応援に行くつもりでありましたが、当日、水防訓練と重なり、水防訓練終了後に会場に行きましたが、既に低学年の部は終了し休憩中となっていました。


午後もオールドカーフェスタ、選挙の街頭演説に参加しなければいけなく残念ながら試合観戦は出来ませんので、休憩中に午後から行われる小学5年生の全国大会優勝の期待がかかる岩上君だけは直接応援をしています。


試合後に確認すると期待通り、危なげなく岩上君は優勝との事。



今後、小学4年生から6年生までの3位以上の入賞者は6月8日に三島大社で行わる県大会に出場します。次は必ず、予定を入れずに県大会は富士市のわんぱく力士の応援に行くつもりでいます。岩上君以外の入賞した子供たちも熱いエールを送りたいです。

岩上君は順当にいけば、7月に行わる全国大会に出場すると思います。
今年こそは、わんぱく相撲全国大会で優勝を望みます。

鬼の寺田先生の冨士高での想い出。

県立富士高校のハンドボール部の指導者であった寺田先生を囲む会が開催されました.

集まった教え子は富士高29回卒から38回卒までの31名でした。

私も久しぶりにお会いしたのですが、元気そうで何よりです。今年、77歳の喜寿を迎えたとの事ですが、後期高齢者を過ぎた77歳には見えなく若々しいです。

当時の想い出は、優秀な指導者でありましたが、鬼の寺田と言われるほどかなり厳しい指導者であったと思います。
冒頭の挨拶でのキーワードでも挙げられたノックや回し蹴りがありましたが、当時の事を思い出しました。練習中、蹴ったり、げんこつをくれられたりしたら今であれば大変な問題になってしまう事が普通に行われていたことが笑い話として思いだします。
私も大変可愛がられました。
参加した教え子それぞれに当時の可愛がられた話がありましたが、始終にこやかで鬼の寺田先生も77歳になられ大分優しい感じになりました。

あらためて、本年、80周年を迎えるにあたり、寺田先生の喜寿のお祝いも兼て集まる事も予定するとの事です。


この4月より、富士市ハンドボール協会の会長になっていますので、寺田先生に可愛がられた者として、恩返しの想いで富士市のハンドボール協会で微力ながら尽力するつもりでいます。

スポーツゴミ拾い大会は楽しい。

第32回富士山クラブ清掃活動 スポーツゴミ拾い大会に参加してきました。


参加者は何と約460人。会場のマリンプール駐車場に人が溢れんばかりの賑わいです。94チームが70分間、ゴミ拾いの量や質で争い順位を決めるスポーツごみ拾い大会です。


私も主催者の上柳代表のウナギチームでエントリーしています。成績優秀チームには商品も出ますので、皆さんゴミ拾いに必死であります。

 


我先にゴミを拾い集めた結果、500キロのゴミが集まりました。上柳代表や静岡便教会の柿島代表からも「一つ拾えば、一つだけきれいになる」と話がありましたが、460人の力で、ものすごくきれいになったと思います。



ゴミ拾いも楽しんでやることが出来る事、ゴミ拾いは楽しいと思える良いイベントであると思いました。

 


ゴミ拾いをした後、ふと富士山を見ると私にとっても、とても富士山がきれいに見える日でもありました。

ちなみにうなぎチーム40位で飛び賞を頂きました。

たばこ販売組合総会で議長を務める。

5月に入り様々な総会が行われていますが、その1つとして現在、富士たばこ販売組合の理事を務めており富士たばこ販売組合の令和6年度の総会にも出席しました。

 




事前に役員会において指名されていたのですが今回総会の議長を務めています。


本田理事長の挨拶にもありましたが、たばこ販売を取り巻く環境は厳しく、組合員も100人をきってしまい組合運営も大変になっている事の説明がありました。また、厳しい状況においてはJTの太田静岡支社長より選挙の話もあり、たばこ業界としても、組合の声を聞いてくれる副知事経験者をお願いしたいとの事でした。


厳しい状況はあるものの、総会議事は問題なく議長として終了できホッとしています。


ふとロゼシアター会議室の窓から外を眺めると富士山がきれいに見えました。
引き続き、私も組合理事として業界発展にも尽力していくつもりです。

空の上から富士市を確認。

飛行機に久しぶりに乗ったのですが、事前に取ってもらった席が窓側でした。


運の良い事に天候に恵まれ、富士山が良く見えるフライトです。
空の上から見る富士山も格別です。
富士山は上から見てもきれいです。
富士は世界に誇る山であると思います。


富士市も空の上から見えました。
目印はやはり田子の浦港。

日本一の富士山見守られる富士山の裾野にある富士市であることをあらためて確認出来ました。

我がまち富士市を見て、空の上から見てちょっと嬉しくなってしまいました。

台北芙蓉ロータリークラブへ公式訪問。

週末日本を離れ、23年ぶりに台湾に行ってきました。



来年、私が所属する富士山吉原ロータリークラブが70周年を迎えるにあたり姉妹RCである台湾の芙蓉ロータリークラブに訪問することは昨年より予定されていた事業でありました。ただ、今回それだけではなくそれとは別にグローバル補助金事業として協働して行っている奉仕事業の説明及び4月に起きた台湾地震への義援金を渡すために富士市から総勢22人での公式訪問でもありました。




実務者会議を終えた後に、災害への義援金を渡しましたが、大変感謝されました。
(来期のガバナーと会長と懇談)

来年は富士市に来ていただくことも約束できました。
無事公式訪問が終えホッとしています。


今回のミッションとは別に、23年ぶりに台湾の友人親子とも再会しました。



当時、子供だった息子さんも台湾の三菱重工に勤務しており立派に成られて感激しました。お酒を飲みかわしましたが、嬉しかったです。
台北は23年前に訪問した際と街自体はあまり変わったような感じはしませんでしたが、ただ、様々なものがデジタル化されており空港から電車を利用しましたが公共交通網や買い物もカードです。また、建物は古いのですが、建物の中身は近代化されています。
台湾は羽田から3時間で行ける近い外国であるものの今まで、なかなか行くことが出来ませんでした。
行く時には富士山が本当にきれいに見えました。
今回、週末の短い期間での訪問でしたが、足裏マッサージも堪能でき私にとっても様々な意味で濃密で有意義なものでした。
富士市に戻ってきました。
グローバルな視点も持ってまだまだ頑張らねば!!

東部の知事としての活動を求む。

川勝平太知事の任期途中での辞職に伴う静岡県知事選が5月9日告示されました。
過去最多となる新人6人が立候補し、17日間の戦いがスタートしました。

私が応援する元副知事の大村候補の東部の出陣式に参加してきました。沼津北口には3000人以上の人が集まっての熱気あふれる出陣式でした。今回の知事選挙では多くの首長が特定の候補者の支援を表明する中で小長井富士市長も大村候補者の支援を表明しています。

東部の医療の充実を図る上では医師確保は重要な課題です。その解決に向けて注力してくれることを明言してくれています.

小長井富士市長が表明した以上、富士市民としても何としても大村候補者になって頂かなければ富士市が前に進みにくくなる可能性が高くなる事が予想されます。応援弁士の細野代議士からも東部の知事としての活動が念押しされていました。何としても東部に目を向けた知事を誕生させなければと感じます。

私もできうる限りの応援をするつもりです。
あらためてよろしくお願いします。

令和6年度富友会総会・懇親会のお知らせ。

 


GWが明けて母校県立富士高校のOB・OGで組織する富友会の令和6年度常任幹事会が開催されましたので副会長として出席してきました。
昨年のGW明けにコロナ分類が移行されて1年が経ち、様々なイベントが通常通り行われる中で、本年度の総会・懇親会の日程や内容の説明がありました。
詳細は今後更に示されると思いますが、現時点でわかっている事をお知らせします。

令和6年度総会・懇親会

日程:令和6年8月17日(土)

場所:総会・懇親会共グランド富士

総会14:30~15:20

記念講演佐藤さくら子(富士高校59期卒三味線演奏者)15:30~16:20

懇親会16:30~18:00

担当年度幹事から多くの方の出席を期待してますと事です。

早めの告知でした。

富友会関係者の皆様よろしくお願いします。


始まる前に関係するハンドボール部を応援してきました。

近場でも旅行した気分。

気がつけば今年のGWも終了。

孫と過ごす時間が多かったです。

子どもの日はいつになく富士山がきれいに見えました。


須津川渓谷にも行きましたが、大棚の滝や新緑でリフレッシュできます。


久しぶりに富士川楽座で孫と観覧車に乗りましたが楽しかったです。




お風呂にゆっくりと浸かり出た後、マジックを見る事ができました。

大棚の滝、富士川楽座で観覧者、沼津のザブーンと近場しか行きませんでしたが、それなりに旅行した気分になれました。あらためて近場でも色々な場所があるのはありがたいです。

ただ、何処へ行こうとも、一番は孫と過ごす時間が幸せです。

GWも終わりこれからやらなければいけない事が溜まっています。

気合を入れねば・・

富士市のわんぱく力士がんばれ~

第33回わんぱく相撲富士場所が5月19日に開催されます。
開催に先立ち、参加者の練習会が総合グランドの相撲場でGW中ではありますが行われていますので、わんぱく相撲クラブ顧問として見学に行ってきました。今年の参加者は男女合わせて約100名。GW中にも関わらず多くの方が練習に参加しており驚きました。


開会に先だち応援の挨拶をさせて頂きましたが、県大会、全国大会を目指す事は大切な事ですが、怪我無く、礼儀を守り頑張ってもらいたいです。参加者の中には、昨年、全国大会で準優勝した小学5年生の岩上君がいます。

 
今年こそは全国優勝をしてもらいたい想いは募ります。その他にも有望な選手が多くいますので、今年も富士市のわんぱく力士に期待します。また、監督、事務局長さんからは、「来年は孫が小学生になるなら参加ですね」と言われてしまいましたので、何とか孫を説得しようと思います。
(わんぱく相撲で連続優勝をしてきたのぞみ君、今は指導者です)


青年会議所はもとよりわんぱく相撲クラブの指導者の皆様には相撲を通しての健全育成には感謝しています。
いずれにしても、5月5日はこどもの日。
子供たちが笑顔で元気に成長するよう応援します。

新たな櫻井宮司の下、例大祭を開催。

 

三日市浅間神社の例大祭がコロナ禍前のように盛大に開催されました。浅間神社においては今年1月に櫻井豊彦宮司急逝により、3月にあらたに息子さんの櫻井紀彦氏が宮司の後を継いでおり、襲名披露も兼ての例大祭でありました。
その意味合いもあり県内の多くの宮司が参加していました。


例祭が滞りなく立派に終了後、あらたな櫻井宮司より亡き父の宮司の後の意志を引き継いだ中で決意が述べられていました。
境内には、神社の繁栄を示すかのように鯉のぼりが元気に泳いでいました。
私も今まで以上に神社崇敬議員として応援したいと感じています。

地域医療を守る条例の研究視察。

 

議員有志でつくる地域医療研究会で島田市役所へ「島田市地域医療基本条例について」を5月2日に視察してきました。現在、地域医療研究会においても地域医療を守る上で地域医療基本条例についての研究をしています。その一環として今回の島田市役所への視察となりました。

 

島田市での条例制定に至った経緯としては医師確保が困難な状況や救急受診の医師負担を減らす為に市民団体である「島田市地域医療を支援する会」の存在が大きく、医療維持への危機意識を持った中で議会に条例制定の要望がなされ、議会で調査研究の末、議会として「条例を有効なものにしていくためには、議員発議とするよりも行政が条例を制定しそれを議会、市民団体が連携して市民の意識啓発に取り組んでいく形が良い」と言う結論の上、議会から市長に早急に条例制定に向けた検討を行うよう提言がされました。先進事例を見た上では議会が策定するという事ではなく、医療を守ると言う観点からは多くの皆様を巻き込んだ形での条例制定が重要であることをあらためて感じました。全国に同様な条例制定されている自治体があります。



引き続き630問題の改善や地域医療を守る上で条例も策定に視野に入れながらも新病院建設もありますのでいつ、何が必要かも考えながら研究をしながら研究会でも提言を進めるべきと思っています。

GW前半はBBQ,後半は選挙準備。

GW前半は下の娘夫婦が東京から帰って来たので家でゆっくりとBBQ三昧でした。
我が家の手作りのスペアリブや燻製卵は絶品です。また火を囲みながらの焼酎のお湯割りも美味すぎます。




久しぶりに火を見つめながら家族と色々な話ができて楽しい一時がすごせました。

 


GW後半もゆっくりと家で過ごした痛いと思っていましたが、5月9日告示の県知事選によってゆっくりもしていられない状況になってきました。選挙準備が始まっています。

オール静岡と言いつつも、県東部、もっと言えば富士市の声をしっかりと聞いてくれる方を応援しようと思います。

スカウトの網引きに参加。

孫がカブスカウトのネズミ隊として活動しています。私もボーイスカウト連盟の富士2団に所属していますので、スカウトの網引きに参加してきました。ただ、前日の夜BBQで遅くまで起きていたので疲れが出たのか起きれず午前5時30分集合には間に合いませんでした。

午前7時頃には着いたのですが、富士山が見える中での網引きは気持ちが良いです。
網引き関係者にこのところの状況を聞くと、水温がまだ低いので青物が少ないとの事です。遅れての参加ですが、しっかりと綱は引きました。孫も一生懸命綱を引きます。GWで帰省してきた娘夫婦も引きます。引き上げた網の中にはほうぼう、イカ、タイ等々それなりに入っており、釣果は少ないとの事でしたが、釣った魚にさわりスカウトたちは大喜びでした。

 

富士山も駿河湾もある富士市は良いところであると娘夫婦も言っていましたが、あらためて、住んでいるまちで地引網が出来る事に感謝したいです。

富士山吉原ロータリークラブ杯親子サッカー大会

 

GWに入り、富士川河川敷で行われている富士山吉原ロータリークラブクラブ杯親子サッカー大会に顔を出させて頂きました。43回目の大会で歴史ある大会でもあります。現在、冠は、富士山吉原ロータリークラブとなっていますが、その前は、元衆議院議員の斎藤斗志二氏が関わっていた大会を受け継いだと聞きました。参加チームは13チーム。親子及び関係者を入れると400人位の参加者となる大きな大会でもありました。



富士山に見守れながら、親も見るだけではなく、ゲームに参加し、汗を流していました。



親は子供たち良いところ見せたい気持ちはあると思いますが、あまり、無理せず、怪我だけは気をつけて頂きたいと思いました。議会でもスポーツを通じたまちづくりを取組んでいます。
私も、今回のサッカー以外に、リトルリーグ顧問、市ハンドボール協会長、わんぱく相撲クラブ顧問としての立場もあります。また、青山庭球クラブ所属としてテニス、様々なスポーツに関わっています。富士市の子供たちがスポーツで活躍することにも尽力していきます。

浮島沼つり場公園を魅力ある場所にしたい。

貴重なトンボが生息する富士市の誇るべき場所である浮島沼つり場公園があります。浮島沼つり場公園について再整備をして魅力ある公園利用について2月議会で質問しています。と言うのも町内会長会OB会で愛護会をつくり、8年間携わってくれている中では、もっと地域をはじめ多くの方々利用して頂ける自然公園としての活用を進めなければいけない要望がされていました。質問をした際には地域で公園整備について協力している町内会長会OB会の役員が傍聴に来てくれていました。議会では、公園をゾーンニングをかけての再整備を求めましたが、市長より公園検討会で意見を聞きながら魅力ある公園にしていく回答が得られています。また、改めて市長も視察してくれるとの答弁も頂きました。

 
GWに入り浮島沼つり場公園の草刈りを行いました。その後愛護会の総会が開催されましたが,懇親会ではお酒も入り、公園を拠点にしての須津のまちづくりを進める事で盛上りました。愛護会の皆さんの想いは浮島沼つり場公園をもっと魅力ある場所にしたいです。
現在、赤どぶ池にスイレンがはびこりはじました。また、アメリカミシシッピガメが多く湖面に確認できます。保全をしながらの活用が求められていますので、引き続き私も、地域の富士市の歩行るべき場所としての整備に尽力するつもりです。

簡易水道の統合に向けて。

 

 

富士市東部には10の簡易水道があります。

それぞれが水道統合に向けて取り組んでいます。新年度より市として簡易水道統合を積極的に推進するために、環境総務課に簡易水道統合推進室が設置されています。



4月に入り浮島連合町内会の役員さんや25日は川尻水道組合の役員が変わった中で、統合推進室と水道部と統合推進に向けた話し合いを行っています。私の住む増川区も簡易水道組合であります。

災害時の事を考えると少しでも早い統合は求められますので、私は簡易水道統合については議会でも取り上げてきましたが、数少ない簡易水道関係議員として、引き続き、簡易水道統合に向けて尽力します。

地域医療について考える。

市議会で取組んでいる地域医療研究会で津田塾大学の伊藤由希子先生を招いての勉強会が開催されました。それに伴い、富士市立病院及び富士宮市立病院に伊藤先生が視察した際に同行させて頂きました。富士医療圏にある両病院の考えた方が聞けて参考になりました。個人的にも初めて富士宮市立病院に行ったのですが先生と病院側との意見交換が聞けたことは有意義でありました。



富士医療圏での630問題への改善が求められる中で現状分析をした上で将来的な富士医療圏の在り方を考える事は重要であることをあらためて認識しました。。

 

ラトビアとの更なる交流を願う!

ボーイスカウト富士地区協議会の顧問として令和6年度年次総会に出席してきました。来賓の富士地区協議会の名誉顧問であるラトビア全権大使のズイクマールス・ズイルガルビス氏が多忙の中、参加してくれました。

 


富士市とのラトビアの関係は、オリンピックでのホストタウンですが、その架け橋として富士市のボーイスカウト・ガールスカウトで「シルバーウルフ」をラトビアに返還したことをきっかけに2008年よりラトビアとの相互交流が行われている中で構築されてきました。コロナ禍となり、スカウトのラトビアプロジェクトとしての相互交流は中止されていましたが、本年は再開され8月にボーイスカウト1名、ガールスカウト2名合計3名が派遣の予定をされています。市長も、オリンピックのレガシーとして更なる交流を模索するために、7月に視察を予定しています。その意味でも、ラトビア全権大使が総会に参加してくれる意味は大きいと思っています。



実は私の娘も以前ラトビアプロジェクトに参加しています。その際にはラトビアの大統領に接見しています。(HPでも掲載されました)また、我が家にもラトビアのスカウトを受け入れています。行ったことはありませんがラトビアへの想いは強いです。
今後のラトビアとの交流が発展することを期待したいです。

米山梅吉記念館付近の超有名パン屋さん。

三井信託銀行の初代社長、米山梅吉翁を祀ってある長泉にある米山梅吉記念館で会合があるために行ってきました。

 

 

その前に、米山梅吉記念館の近くに人気のパン屋さんがあり、午後になると売り切れてしまう恐れがあるので午前中にパン屋さんに寄っています。
行列のできるパン屋さん「ブーランジェリーアダチ」。
私は知りませんでしたが横浜から移転してきた超有名なお店だそうです。

フランス生地を生かしたパンがずらりと並んで、どれも美味しそうです。お薦めのクロワッサンやバケットを含め何種類かパンを買い求めました。


昼の会合がありましたが、パンの事が気になり上の空で受講。


終わり次第、家に帰り食べてみましたが、美味しいです。買う価値ありのパン屋さんでした。

子供達が事故にあわない事を祈る!


4月になってから新入学生の通学姿をよく目にします。
交通指導員やPTAさんが出て安全対策がとられています。
私にも孫が2人いますが、子供たちが事故にあわない事を運転しながら強く念じます。

こどもの日も近くなっています。


端午の節句でもありお人形と鯉のぼりを飾りました。

我が家では元気に鯉のぼりが泳いでいます。
最近、鯉のぼりはあまり見る事がなくなってきました。
季節の風物詩であったような気がしますが、少なくなっているのは寂しい想いもあります。
孫の健やかな成長を願いできる限り鯉のぼりは飾ろうと思います。
同時にすべての子供たちが事故にあわず元気でいる事も願っています。


東田子の浦駅を利用しよう。

私の住む地域の最寄りのJR東海道線駅は、東田子の浦駅です。ただ、接続が無いために、車で送迎してもらいます。以前より北口駅設置の要望はされてきていますが、実現には乗降客数の増加が条件であります。しかしながら、乗降客数は減少傾向であります。



北口設置は条件的に難しいと思われますが、現在、利便性向上で求められているバリアフリー化にするためには一日の乗降客数が2000名求められています。ただ、200人くらいたりていない状況であります。私も少しでも利便性が高まるならと、なるべく沼津や富士で会合のある時は利用しています。



昨日も、熱海で会合があったために電車を利用しました。一番の電車の利用は車と違い、お酒が飲めること。熱海でも会合後、安心してお酒を飲んで帰ってきました。
公共交通の利便性を図る上では、乗降客数が増えない限り難しい話です。利便性向上の取組なら前向きですが、乗降客数が減っていけば廃駅になる可能性も出てきます。岳南電車もですが、乗って残そうです。なるべく、東田子の浦駅を利用しようと思います。

4月はラーメン党です。

私、麺好きです。特にラーメンが好きです。
このところ1人で食事をする際にラーメンを食べる事が多いです。

4月になってからあちらこちらで食べたラーメンです。

4月は醤油系の細麺のラーメン党です。
何処のラーメンかわかりますか??

 

 

答え
左上の順から
虎虎のパーコ麺。
幸蘭のラーメン
東駿河湾SAのあさりラーメン
福家の五目ラーメン
マルヨシ食堂のチャーシューラーメン
麺屋一代のチューシューメン
匠のラーメン
本丸亭の煮干しラーメン
八福のタンメン
新たに開店した店、古くからある店、それなりに美味しいです。
暑くなるまでは、ラーメン党としてはラーメンを食べ続けます。

ゴジラー1.0良かった!!

富士市たばこ販売協同組合の理事を務めていますが、役員会がいつもより早く終わったので、前から見たかった映画を夕方より沼津のビビに見に行ってきました。


今更と思われる方もいると思いますが、ゴジラー1,0です。

17時45分からの上映です。
当然シニア割(1300円)です。驚いたことに平日という事もあり、私以外誰もお客さんがいません。まさしく貸し切り状態です。真ん中の席で鑑賞してきました。
戦争末期から戦後の復興にゴジラの出現でさらにマイナスから出発。分かりやすいストーリーも良くVFX(視覚効果)やSFX(特殊効果)のような特撮での迫力が映画館で見るとすごいです。アカデミー賞受賞しただけあって見ごたえのある作品だと実感しました。同時に貸し切りで映画を見れ贅沢な気分にもなれました。
ゴジラ-1,0また、平日の夜の映画、特にお勧めです。
でも、映画館、週末は混むのでしょうが、経営が成り立つのか心配してしまいました。

今年最初で最後の花見。

週末、冨士青年会議所が行っている恒例の米野宮神社の花見に顔を出してきました。

今年はいつもより遅くまで桜が咲いており、散り始めているもののまだ桜が愛でます。今年は天候の関係もあったり、用事があったりで花見の宴は初めてです。ただ、初めての花見であるものの用事が重なっており、ゆっくりと花見という訳にはいきませんでした。


テントの中でおでんを頂きましたが、ひらひらと散る桜も風情があり良いものです。
このところ想う事は様々な分野、場面において、散り方(辞め方)がきれいな事は大事だとあらためて感じます。
「散る桜 残る桜も 散る桜」です。



束の間ですが、JCの理事長や委員長と話をさせて頂きましたが、本格的に事業が行われる中では、会員同士の交流は重要であるので、ぜひ絆を深めての事業推進をお願いしてきました。しかしながら、おでん美味しかったです。多分、今年、最初で最後の花見の宴です。


飲みたいのを我慢しながら、次の予定のボーイスカウトの育成会総会に出席です。