カテゴリー別アーカイブ: 経済

新進気鋭の匠人

富士市技能フェスティバルが開催された際に、平成25年度のふじマイスター「匠人」に選任された建築板金士の萩原氏と印章彫刻士の小澤氏の2人の紹介と挨拶がありました。 実は匠人の1人の小澤氏は私と歳は一緒でもあり、JC時代には …

学ぶべき文章。

来年の4月に8%消費増税が決まり、財政再建に向けて一歩を踏み出しましたが、今後の景気後退の不安は募ります。そのような中で、ある会社の社員ミーティングにお邪魔させて頂いた時の資料に私にとっても、とても勉強になる文章がありま …

富士に石炭火力発電所の計画

お盆に入る前の会派会議が開催されましたが、会派会議終了後の話題は、7日の朝日新聞、日経新聞の一面を飾った突然の富士市への火力発電所建設のニュースの事でした。 朝日新聞には「中部電、首都圏で売電 新電力買収 地域越え競争へ …

JPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」

東京駅には良く行く機会があるのですが、駅近にあるなかなか寄れなかった場所として、今年の3月21日にオープンした東京駅丸の内にあるJPタワーがありましたので行ってきました。 JPタワー内には昭和モダニズムの名建築である東京 …

税制改正の主なポイントとスケジュール

総選挙後、政権がやっと落ち着き始めた中で、大変気になる税制改正についてのポイントとスケジュールを高校の先輩にあたる佐野税理士さんに説明を受けました。 平成25年度税制改正は衆議院を通過し、おそらく参議院でも可決されると思 …

富士市就労総合支援センターオープン!!

富士市就労総合支援センターが3月25日よりオープンしました。 これにより、求職者、子育て世代及び若年層への就労・生活支援、福祉相談などを総合的にワンストップで行われるようになります。 場所は、フィランセ東館1階ホールで、 …

医療関連分野の総合特区

静岡がん会議2012 テーマ:医療関連分野の総合特区によるイノベーションの推進 に参加してきました。これは、医療を対象とする総合特区関係者が一堂に会し情報を共有し交流を図る事により、総合特区同士が相互に連携した中でより大 …

毘沙門天祭での「ダルマの粋な買い方」

毘沙門さんに中日である日曜にダルマを買いに行ったのですが、先日ある会合で、毘沙門さんでの「ダルマの粋な買い方」の話を聞いたことを思い出しました。 その時の話では、毘沙門さんでのダルマは縁起ものですから値切って買うのは当た …

安倍経済対策への期待と不安

安倍経済対策20兆超と報道されていました。 安倍政権では緊急経済対策で60万人の雇用を生み出すとしています。 緊急経済対策の3つの重点分野は・・ 1、 復興・防災対策       5,5兆円 2、 成長による富の創出   …

経済状況は良くなるのでしょうか?!

今年初めの大発会での株価は昨年の高値を大幅に更新して、一時10743円まで上がり、その後10688円で落ち着きました。それでも昨年の最高値よりも292円上がっています。その上、円相場も88円まで下落してきています。マーケ …

春日製紙の工場視察研修。

言わずと知れた富士市はかみのまちでもあります。 かみのまちを考える会のお誘いで、議員8名と一緒に春日製紙工業株式会社の工場視察に行ってきました。 前にもブログで書いたかもしれませんが、春日製紙の創業者久保田春吉は私の実の …

「望年会」でありたい!!!

忘年会が続いており、忘年会の話が続きますが、 いわゆる一般的には、忘年会とは、年内の苦労を忘れるために年末に行われる 宴会であるとされていますが、富士市の某優良企業では、忘年会を「望年会」として毎年、盛大に開催しています …

富士市技能表彰式でのちょっと気になったこと。

平成24年度の富士市技能者表彰が開催されましたので、地域の農協祭に顔を出した後、駆けつけました。本年度の表彰者は 富士市技能功労者に13種20名。 富士市優秀技能者に9種9名 です。受賞者の皆様おめでとうございます。 各 …

富士山紙フェアで紙のまちを発信!!

紙のまち富士市を全国に発信!! 富士山紙フェアを開催 速報静岡新聞 富士山紙フェアでオリジナル号外新聞を作成してもらいました。 ふじさんメッセで開催していた富士山紙フェアは、多くの人で賑わっていますが、富士市ならではイベ …

祝・浮島工業団地協同組合創立40周年!!

富士市の東部地域に位置する浮島工業団地協同組合が昭和47年9月に発足してからの創立40周年記念式典が盛大に開催されました。本来なら、昨年、40周年が予定されていましたが、東日本大震災の為、組合事業の自粛をした関係、本年の …

会派で「紙のまちを考える」

以前富士市の基幹産業でもある「紙のまち」を考えるシンポジウムが開催されました。 紙のまちの将来を考える上では有意義なシンポジウムであったと思います。 その際にパネラーとして参加していた春日製紙工業株式会社久保田会長の講演 …

富士市の財政白書

私が所属する市民クラブで取り組んできた「富士市の財政白書(第1部)」が完成しました。 この財政白書は、富士市の昭58年度より平成22年度までの28年間の決算カードを基に分析されていますが、会派メンバー10名で分担し作成し …

平成24年普通交付税の決定。

富士市は、財政が豊かなまちとして証としての不交付自治体でありましたが、平成24年の交付額の決定により、交付自治体へ12年ぶりに転落したことが報道されました。予想はされていた事ではありますが、富士市の近年の財政状況の厳しさ …

企業経営練成塾2012

商工会議所が行っている経営力向上事業に、「企業経営練成塾2012」が始まり、第1回講義が7月2日に開催されました。この研修会の本気で経営の変革を行おうとする経営者・後継者が集う経営者塾と言ううたい文句が目に入り、つい参加 …

工業用水2部料金制導入。でも、新聞であれれ。

「かみのまち」富士市にとっての基幹産業である、製紙工場からの予てより懸案事項であった工業用水の実質的な値下げにも通じる料金制度の改定として2部料金制が4月より導入されました。 それにより、新聞報道でも、東駿河湾工業用水道 …

事業所での特別徴収、本格実施

富士市の重要な財源に本年度も予算にして142億6千万が見込まれている個人住民税があります。その個人住民税の徴収方法がこの6月より変わった点があります。 個人住民税は、今まで事業所に勤めていても、普通徴収という個人で住民税 …