カテゴリー別アーカイブ: 災害

大雨被害、視察中でしたので・・・

8月25日、雨。 私は、会派視察で、長野県から移動して、視察先の八王子、浦安にいました。 朝、東海地域特に静岡県。24日未明より25日にかけて前線が活発になり、富士市でも大雨が降っている状況の連絡がはいりました。 水害常 …

市民が納得できる防災対策とは・・

第1回目の地震防災対策特別委員会はすでに開催されていますが、3月11日の未曽有の大震災を受けて、市民が気にしている想定外の地震に対しての対応をどのようにしていくのかが基本的な問題として挙げられています。1回目の委員会にお …

防災ラジオ、大人気

災害時の情報収集として、防災ラジオは有効な手段でもあります。 3月11日の東日本大震災、3月15日の東部地震を受けて、市民の防災意識は高まっています。 その表れなのか、消防庁舎で防災ラジオの配布が10日に行われましたが、 …

忘れてはいけない風景。

2011年3月11日、金曜日、午後2時46分震度7マグニチュード9の巨大地震は津波の高さは15メートルに達し、まちが消えました。死者、行方不明は6県合わせて2万8500人以上、忘れてはいけない事でもあります。 (仙台駅で …

津波対策は・・・

議会で一般質問がスタートしています。 災害関係の質問で、津波に対しての対策として、現在、津波避難ビル候補は149連ある事が報告されました。また、富士市には、海抜表示板は93か所、避難場所表示板は48か所設置されています。 …

東海東南海大地震勉強会

備えよ!東海東南海大地震〜駿河湾沖の津波の本当の威力とは!?〜と題して東海大学海洋研究所地震予知研究センターの長尾年恭先生の勉強会が開催されました。 今後想定される地変として、以下の事が考えられます。 ・房総沖ないし青森 …

通行止めでも車は通行します。

私が議員になってから取り組んでいる大きな課題の一つに東部地域の水害対策があります。雨が降っても安心して生活できる地域になる事が求められていますが、大雨が降ると、水害被害が出ないか心配で問題個所を見回りに出かけます。 週末 …

治山事業に関するパネル展示

水害対策進める上で重要な、沼川流域の河川整備計画についての進捗状況を確認をしに富士土木事務所に行ってきましたが、整備計画は、まだ時間が掛かるようです。 帰りがけに総合庁舎の1階で偶然目にした「富士を守る治山事業」いうのぼ …

防災マップを確認してください。

浜岡原発停止の際に、菅首相は東海地震は、今後30年以内の発生確率は87%で、「いつ起こってもおかしくない」と切迫性が指摘されていました。 東海地震がより現実味を帯びている中では、震災後の選挙では富士市の防災対策を、多くの …