「勝負に勝つ」を聞いて。

 御殿場西高校の菊池基先生の「勝負に勝つ」という題でお話を聞いてきました。菊池先生は御殿場西高で空手部を昭和58年に立ち上げ、そして指導をし平成元年に全国大会で初優勝をした後、現在まで全国優勝21回、国際大会優勝4回と世界に誇る学生空手部の名指導者です。御殿場西高に空手部ありといわせるようにした手腕をお聞きするいい機会でした。
 勝つ秘訣は、夢を持ち、目標を持たなければならない事です。練習は勝てるかどうか不安だから練習をするのでありその大切さを怠けてはいけない。勝負では勝つ喜びと負ける悔しさを味わうことで成長をさせて行く。チームの雰囲気をつくることが個人を育て、個人個人のやる気がチームの雰囲気を作る。ひとつの成果は全員力であり、一人の成果も全員の力である。これは、今朝もトルコで行われた世界大会で杉山選手が金メダルをとり優勝報告会が行われましたが、30人の部員の中の一人にスポットライトが当たってしまう訳です。しかし菊池先生は他の29名の気持ちを高めるため、一人の人間が勝ったのではなく29名がいるから勝てたのだという意識づけを必ず行うそうです。また、成長の過程には右肩上がりではないということ、努力をすれば努力が実るというけれどそういう訳でもないという事を判った上で、努力は続ければ伸びる時期がくるということをわからせ、上達を促すこと、何事もスランプはあるものですべてがうまくいくという事はないということを伝えています。という話はわかっている事なんですが、空手の指導が組織での管理、仕事での進め方、また人生においての勝ち方に通じるものを感じました。
 最後に空手においてだけではなく、すべてにおいてだと思いますが「礼儀のないものは衰退していく。高感度がもてることが勝利の女神がほほ笑む」という通り、亀田問題においても礼儀は大切で、勝てばいいのではだめで、やはり人によく思われるたち振る舞いは、みている人にもすがすがしさを与え大切なことであることを痛感しました。
 一緒に聞いていた某会社社長はお疲れで、せっかくのいい話を目をつむり夢の中できいてました。

郵便ポストが小学校に

郵政民営化が10月1日から開始されましたが、それに伴い昔からある縦型郵便ポストの払い下げが吉原郵便局で4つありました。学校教育の一貫として、手紙をかいたりする習慣が少なくなる中では小学校に置き、言葉で伝えられない事を文章として手紙でつたえてきた文化を継承していくためにも、ぜひとも地元の学校に寄贈のお願いをいち早く吉原郵便局へ8月28日に要望書を出していました。
 荻野郵便局長のはからいで今回、青葉台小学校、今泉小学校、元吉原小学校、須津小学校の4校に寄贈されました。歴史のあるポストが小学校で生かされることは、良いことで各々学校で学校私書箱としたり先生への手紙をやりとりに使ったりいろいろな利用方法があると思います。よく見かけたポストがなくなっていく中では学校で管理保存されれば父兄も学校に訪れた時、懐かしく思うと共に手紙を書く気持ちになるのではないでしょうか。
 須津小学校に設置されたポストです。

青森・盛岡・会津若松行ってきました。

 三日間の建設水道委員会の行政視察行ってきました。飛行機で青森まで行き、残りの移動は新幹線、バス、電車と視察する時間より移動する時間が多く、非常に疲れました。しかしながら観光とは違い目的を持ち、視察は進めてきたつもりです。詳しい内容は視察報告でしっかりと伝えるつもりです。今回は委員9名、議会事務局2名11名での視察でしたが私の会派からは渡辺、米山議員と3名の参加で大変心強かったです。また、他の議員とも三日間でしたが色々教えてもらったり、語り会えて為にもなりました。

*青森市役所にてコンパクトシティの形成について
 青森では、市役所へ行ったのですが議会会館での会議は暖房が入ってない為、非常に寒く、都市計画課の説明も声が小さいので非常に聞きづらかったです。

簡単にいえば雪国であるが上の国土土地を利用してのコンパクトシティを推し進めています。中心市街地にはフェスティバルシティアウガやミッドライフタワーが建設されており、街中への移住促進が図られていました。ちなみにミッドライフタワーのマンションの値段は3LDKで3500万円位で60%が女性が入居されているそうです。

*岩手県盛岡市 花と緑のガーデン都市づくりについて 

 前の日より盛岡に泊まり盛岡の夜を堪能し朝10時より盛岡市役所で説明を受けました。夜歩いていいるときに、歩道に花があり邪魔だな思いましたが花と緑のまちを作る事業の一貫であることに気がつきました。盛岡市は古さとモダン田舎風と都会風が不思議と溶け合った街で「どんと晴れ」の舞台ともなり、これをチャンスに観光客を集客しようと懸命です。産業基盤が脆弱な中ではこの事業は夢と希望をもった事業だそうです。

*福島県会津若松市ふれあいタウン「水季の里」について


地域格差の解消と均衡ある地域発展を図り、市への定住化促進を図る為に行政と業者が連携し市街地調整区域の宅地分譲を取り組んでいる事業です。鶴ヶ城があり市役所は昭和12年建造の歴史のある建物で議会場も見学したですが趣があり感激しました。

絵本で楽しむ子育て

 18日の夜、須津地区男女共同参画推進委員主催の地域事業として公民館で行われた講演会に参加しました。
 静岡市在住の童話作家、草谷恵子先生の「絵本で楽しむ子育て」を興味深くきくこたができました。講演では家庭文庫を開設したきっかけや経験談を基にジェンダー・フリーの視点で選ぶ絵本の紹介や絵本の読み方見方、また子供に対しての聞かせ方、子育ての中で絵本の重要性が理解できました。子供も大きくなりあまり絵本に接する機会がなくなりましが、テレビではなく絵本というツールから子供たち想像力と将来にたいする夢や希望をあたえ心豊かな子供の心の栄養になることを改めて気付かされました。 
 絵本の読み聞かせを須津地区では積極的に推進している話も聞きうれしく思いました。来場者の意見で本をしっかり読む子は今話題の亀田のような子供にならないという意見もでましたが、活字ばなれのないよう親がしっかり幼児の時に子供に絵本を通じいろいろな事を教えることを推し進めるべきだとおもいます。