絆作りでのお祭りは大事な行事。

CIMG0045

西日本豪雨から一週間過ぎましたが、被災地での死者数は200人に上った事が発表されました。不明者も60名、なお避難は7000人以上であるとの事です。今なお、インフラの復旧が進まずに、生活再建のめどが立たない様子が報道されている事に胸が痛みます。

梅雨も明け、災害に見舞われなかった私たちの地域においては、祭りのシーズンを迎えます。
CIMG0044 CIMG0043 CIMG0041
私自身、今週末には,各地区でのお天王さん、ふるさと浮島春山まつり、来週末には、須津ふるさとまつり、富士まつり、その後も、各福祉施設のおまつりや浮島工業団地のおまつりと続きます。まつり、まつりですが、何となく、多くの犠牲者が出ている中でのおまつりは気が引けます。しかしながら、以前、東日本大震災の際にも、災害地以外では、同じように地域の絆作りであるおまつりも重要ではあるとして行われていました。
今後、復興がなされていく中での被災地において共助は重要です。
いつ同じような事が起こるか分からない状況がありますので,災害にあった時に、求められる共助が地域で発揮されるよう、災害に見舞われた時の事も考えて、地域の絆作りでもあるお祭りも大事な行事として受け止めなければです。
被災地の一刻も早い復旧を願いつつしっかりと参加するつもりでいます。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page