条例制定で規制強化へ 迷惑・放置自転車の対応で

富士市は24年度に「仮称・市放置自転車条例」の制定に踏み切る。とりわけ富士駅周辺において迷惑駐輪や長期の放置自転車によって歩行者の安心・安全な通行の妨げになっているほか、景観悪化も招いていることから条例によって規制強化を図る考え。
(3月4日富士ニュース掲載)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page