中核市移行 保健所設置負担が課題:富士ニュース

来年4月1日施行の改正地方自治法で中核市の指定要件が人口30万人から20万人に引き下げられることを受け、富士市の小長井市長は必須条件である保健所設置運用負担が最も大きな課題になる事を明かした。ただ、県東部においては中核をになう都市となる為にも中核市移行を目指すという思いは変わっていない」とし4年任期中に一定の方向性を示すとした。 
=本文省略ー

中核市移行 保健所設置負担が課題:富士ニュース.

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page