花火大会の絵を見て想い出す事

CIMG0309台風12号の影響で、週末の予定が大分変わってしまいました。
土曜、日曜の夜にも、沼津の狩野川花火大会を桟敷席で見る予定がありました。
大会の可否は、前日午後3時に決定しますが、両日とも天候不順の為に、30日、31日に延期となりました。

実は、私の実母は、狩野川の花火大会が大好きで、毎年のように夫婦で桟敷の席での花火観賞をしていました。昨年は、実父が、交通事故で突然亡くなってしまい、花火観賞が出来なく実母は大変寂しかったようです。実父が亡くなった後、花火大会の絵を描いており、今年の新興美術院富士支部の夏佳作展には想い出が詰まった花火大会の絵を出展しています。

CIMG0311 CIMG0300
週末、花火大会が延期となってしまいましたので、親孝行を兼ねて、実母の描いた花火の絵を観賞に行ってきました。
CIMG0297

私も父や母を連れて花火大会には何度か行った事がありましたが、お酒を片手に「たまや~かぎや~」と言っていた実父との思い出があります。
実母の絵を眺めていると、花火大会で実父が喜んでいた時の顔を想い出します。
実母は絵が下手で恥ずかしいと言っていましたが、あらためて86歳になっても絵を描き続ける実母を尊敬してしまいました。
実母には、なるべく長く、元気で、絵を描き続けてもらいたいです!!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page