蒲原病院でもレスパイト入院

「レスパイト入院」という事を知っていますか?
蒲原病院組合議会の事前説明で私も知ったのですが、レスパイトとは「一時休止」「休息」「息抜き」という意味です。在宅でご家族の介護をする場合、その期間が長くなると介護者の方の負担は非常に大きくなっていきます。すこしの間休憩をとることができればよいですが、介護はなかなか周囲の方へ代わってもらえるものではなく、周りに頼れず抱え込んでしまう方も少なくありません。
CIMG9853

近年では医療機関へ患者さんに一定期間入院していただくことで介護者の負担を軽減させる「レスパイト入院」があり、現在、蒲原病院ではそのレスパイト入院が行なわれています。
蒲原病院でのレスパイト入院の案内には、「入院期間は概ね2週間程度として、ご自宅で介護されている方や介護者であるご家族の支援としてレスパイト入院の相談を受けております。担当ケアマネジャーさんを通じてご相談ください」と書かれています。
日本では急速な高齢化が進み、要介護高齢者の増加や、介護期間が長期化していくことで、介護のニーズはさらに増大していますが、その一方で、核家族化、介護する家族の高齢化といった「要介護高齢者を支えてきた家族をめぐる状況」も大きく変化してきています。高齢者の介護をサポートしていくことの重要性に注目が集まってきています.
蒲原病院でも高齢者の介護を支援していく地域医療支援室が設けられています。
医療福祉の悩みについて相談に乗ってくれますので、何かの時には利用してみては!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page