静岡ガスグループでのエネルギー事業視察

CIMG9894昨年、静岡ガスさんが富士市内で電力小売り全面自由化に合わせ稼動を開始した富士発電所を視察しました。その際に、静岡ガスグループが取り組んでいる様々なエネルギー事業の説明があり大変興味をもっていました。新年度になりあらためて私が所属する会派の自民クラブと自民党真政会で静岡ガスさんが進める事業の視察に行ってきました。
今回の視察場所は3か所。

  1. 清水エル・エヌ・ジー株式会社  清水区袖師町
  2. 水素ステーション静岡      静岡市駿河区曲金
  3. 静岡ガス本社ビル        静岡市駿河区八幡町

CIMG9875清水エル・エヌ・ジー株式会社は清水港にあるLNG(液化天然ガス)の会社でしたが、液化天然ガスは我が国の基幹エネルギーの1つでもあります。燃焼時に発生する二酸化炭素も他の化石燃料に比べ少ないクリーンエネルギーでもあり低炭素社会においては期待されていますので1996年に清水区袖師に基地として広域供給体制を整備されています。
CIMG9885 CIMG9890 CIMG9888

また、水素ステーション静岡は、県内初のオンサイド式水素ステーションであり、新たな水素社会への対応も進めていました。

CIMG9901 CIMG9899 CIMG9902

静岡ガス本社ビルでは、太陽、風、地熱などの自然エネルギーを最大限に利用し、コージェネなどの先進的な環境技術を組み合わせることによって、省エネルギーを実現していました。
現在、静岡ガスさんの取り組みは多くの方が視察に来られているとの事でした。

静岡ガスさんと言えば都市ガス販売のイメージが強かったのですが、グループ会社の取り組みを含め分散型エネルギーや低炭素社会に実現に向けた社会ニーズや地域社会の発展を的確にとらえた静岡県の地域ソリュ―ジョン企業である事が伺えました。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page