お花見も花粉症を持つ身としては大変です。

CIMG9847 CIMG9860CIMG9859

桜満開の花見日和で、あちらこちらに顔を出しています。
当然、お花見の宴席もあります。ただ、桜の花も満開と共に杉からヒノキに変わっての花粉だと思いますが酷いです。もともと花粉症で薬を処方してもらっていましたが先週位から特に目が痒く、くしゃみも止まりません。
CIMG9835

お酒が入るもうどうにも我慢が出来ない状態が続いたので、日曜も桜が咲いている場所に顔を出しますので、土曜日に駆け込みで病院に行ってきました。

CIMG9829

病院に行って驚いたのは、いつもならそんなに待たないのに、待合室は入りきれないほど一杯です。受付をすると、50人待ち。思わず「え~」です。どの位待つか確認すると「1時間半から2時間土曜だけど時間を延長して診療をする」との事でした。春休みという事もあってか家族で来ている人も多いのですが、私同様花粉のようです。思わず、待つ時間を聞いて帰ろうかと思いましたが、目の痒さをどうにかしたいので診療をしてもらいました。1時間半待たされようやく順番が来たので先生に「ものすごい患者さんですね」と開口一番に言うと、先生曰く「過去最高の患者さんです」との事。その後、流れ作業的に鼻に薬を付けてくれ「ステロイドが入ったいつもより強い薬をだします」と言われあっという間の診療で終わりました。待ち疲れをしながら処方箋を貰いに薬局に行くと、薬局も人で溢れています。
CIMG9863 CIMG9862

よくよく考えれば、患者さんがそのまま薬局に行くのですから、混むのは当たり前です。処方されるまで1時間以上待たされました。病院の診療と薬の処方で3時間半費やしました。でも、そのおかげで、目の痒みとくしゃみは収まっていますので花を見て回るには助かりました。ただ、薬が強いのか何となく倦怠感が続きます。

4神谷お不動さん

調子が悪ければ家でじっとしていれば良いのですが、議員である以上じっともしてもいられません。しかしながら、花粉症を持つ身としてはお花見をするにも大変です!!

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page