議会終了と同時に要望書提出!!

CIMG0098CIMG0096
10月6日で議会が無事終了しました。
今議会では、1番に質問登壇をしています。「質問が終わった後は時間が空いて良かったでしょ?」とよく言われてしまいましたが、一般質問以外に、毎年恒例の友好会派(自民クラブ・自民新政会)での市長要望を、今年は議会最終日に提出することにしていましたので,会派の幹事長ですので質問終了後はその準備に追われていました。ですから会取りまとめや報道提供を含め質問後慌ただしく対応をしていました。
その甲斐あって言うか、なんとか、無事、本年度も、議会終了後、富士市議会の会派要望の中で一番早く「平成30年度予算案及び施策に対する要望書」を小長井市長に手渡すことができました。

今年の要望は、「将来を見据えた目指す富士市増に向けて」「医療福祉の充実」「環境の保全」「安全・安心快適なまちづくり」「都市活力に繋ぐ産業振興」「教育と文化スポーツの振興」の6分野21項目。
かなりのボリュームがある為に事前に小長井市長に要望書を手渡し、目を通して頂いたところ、対応として、いつもと違い、両副市長を携えての要望対応をしてくれました。今議会、市長任期もあと僅かとなった中では、議会での質問も入れ込み、両会派でスピード感をもって作業を行い要望をしています。市長もそのスピード感対して真摯に答えてくれていました。

一番最初の要望という事で、多くのメディアがきてくれていました。
CIMG0099

あらためて松本会長、稲葉会長が新聞では大きく出ていますが、両会派9名での想いですので、来年度予算に反映を強く求めたいと思っています。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page