早期実現へ国に要望を 東駿河湾環状道路西区間の事業化で

鈴木尚富士市長は、現在は事業化されていない東駿河湾環状道路西区間(沼津岡宮ー原一本松)の延伸計画について、「富士市東部地域と東名高速道路沼津ICや県立がんセンターなどを含む駿東地区とのアクセスが大幅に向上し、観光や工業の振興、防災力の強化などの分野で大きな効果が期待される」との認識を示し、沼津市などと連携して早期事業化を国に要望していくことを明らかにした。市議会9月定例会で荻田丈仁(市民クラブ)の東部地域の広域連携強化や沼津市との広域的交通基盤整備に関する質問で答えた。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page