今時の結婚式とは?!

勝亦結婚式4勝亦結婚式2

友人の息子の東京で行われた結婚式に出席してきました。受付の際に新婦のお色直しでのドレスを当てるクイズがありましたので、迷わず私のラッキーカラーである青色のドレスに投票してきました。結果、見事青いドレスでの入場で正解。更に正解者の中から4人に新郎、新婦より抽選でプレゼントがありましたが、見事に抽選にもあたり新郎よりプレゼントを頂きました。7月になりついています。

 

勝亦結婚式3けっして大きな結婚式ではなく本当に友達が中心となったとても和気藹々とした素敵な結婚式でした。ただ、私の友人は昔気質の見栄っ張りの処もありましから、ご長男の結婚式だからこそ、人脈を活かして多くの政財界の人を呼んでの結婚式を地元のホテルで盛大に開催したかったのではと思っていましたので意外でした。

その、新郎の父のお礼の挨拶で、「結婚式は一般にふた昔くらい前は祝言と言い、新郎の家に親戚、近所、仲間の多くが集まった中で朝から晩までお祝いの席が行われていたと言います。また、ひと昔前の私の時代の頃は、結婚式場やホテルでゴンドラにスモークを炊いて、どれだけ人が呼べるかのような感じの結婚式が行われていました。今は、結婚式は自分たちの気に入った所で済ませ、披露宴は仲の良い友達を呼んでの会とし、本当に祝ってくれる人に祝福される結婚をするのが良いと子供に言われ、息子に従いました。」と言っていました。また、「結婚式の費用も自分たちで貯めて自分たちのできる結婚式に両親を招待するスタイルであった」と言っていました。とっても良い話でした。
勝亦結婚式5

「老いては子に従え」でないですがとってもりりしい新郎ととってもかわいらしい新婦を見ながら、親の意見ではなく今風であっても、自分たちでできる結婚式を自分たちなりに行った若い二人は、堅実的なしっかりとした考えのもとで素晴らしい家庭が築き上げていく事を私の友人は感じての挨拶だと聞きながら思いました。

私はと言うとその時代、時代では結婚式の仕方や考え方が変わってきている事を実感しながら、ついつい飲みすぎてしまいました。
あらためて、隆介君 友莉さんご結婚お目でうございます。
いつもハットトリックで頑張れ!!

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page