浮島地区で行政懇談会、何でも一番は良いです!!

CIMG0615議会終了日の6月30日に富士市の一番東の地区である浮島で浮島地区行政懇談会が開催されたので参加してきました。毎年浮島地区でこの時期に開催際されている恒例の事ですが、いつもとちょっと違う事として、副市長が同行してきた事と新聞社が入っていた事でした。また、今議会で市長が今年暮れの選挙出馬が表明されて関心も高いのか、会場は早くから一杯でした。

副市長が同行してきたことに関しては、今回、浮島地区からの行政課題が投げかけられていなかったので関係課の出席及び随行がなく、意見交換の際には副市長が対応する為であるとしていました。また、新聞社が来ていた事は、今回の行政懇談会は本来なら、第1回目が6月10日に天間地区で開催され、浮島地区は2回目の開催予定でありましたが、天間地区での行政懇談会は市長が病気になった為に急遽延期となったので浮島地区が第1回目の行政懇談会となり新聞社としても注目しての事であったようでした。
CIMG0616
1時間半の行政懇談会でありましたが、富士市が取り組んでいる事に対して熱が入った市長講和でありました。今回は、市長の病気で浮島地区を一番最初として皮切り、残りの25地区で同様の行政懇談会が開催されていく形になりましたが、何でも一番にやってもらう事はありがたく、出来れば、来年以降も一番東の地区から行政懇談会は開催してもらいたいと感じました。
これが今年の浮島地区からの要望と言えば、要望なのかもと思っています。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page