冠水道路で悩む富士山ビューポイント

CIMG0562 CIMG0555梅雨前線と低気圧の接近に伴い21日富士市においても、短時間でものすごい大雨が降りました。大雨警報が発令される中では、当然水害常襲地でもある東部地域では不安が募りました。
午後になると、満潮時が近づき沼川からの水が逆流し始め一気に江尾江川の水域が上がり危険な状況であることを地元の建設会社さんから連絡があり慌てて長くつに履き替えて出かけました。しかしながらその後、風は強まるものの雨足が弱まり、大事には至りませんでした。ただ、東部地域での冠水道路個所はいつもの通り通行止めをしなければならないような状況となっていました。
CIMG0558 CIMG0556 CIMG0559

特に、富士山ビューポイント知られる東部土地改良区内の吉原浮島線の浮島沼つり場公園付近から田中新田中里線の信号までと今回一般質問で取り上げている田中新田中里線は道路の冠水が早く、多くの車が引き返さなければならない状況でもありました。
以前から富士山ビューポイントと知られる場所の冠水道路としても問題でもありますが、なにより冠水道路を利用しなければいけない浮島工業団地の会社には多くの働いている人や取引運送会社のトラックが出入りしており雨が降ると通行に支障をきたす状況は早期の改善は求められてきています。まさに冠水道路に悩む富士山ビューポイントでもあります
あらためて東部土地改良区内の富士山ビューポイントの整備とは別に工業団地のインフラ整備としても冠水道路の解消に向けての整備推進を議会でも求めなければです。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page