民生児童委員の父は富士市出身!

CIMG0181CIMG0189 CIMG0190
民生児童委員の日の5月12日に文教民生委員長として、民生委員制度創設100周年記念富士市大会に参加してきました。知っているようで知られていない事として、同制度の前身となる済世顧問制度の創設者笠井信一氏は「民生児童委員の父」と呼ばれる富士市出身の偉大なる功績者であります。
CIMG0178 CIMG0183 CIMG0185

大会では感謝状の贈呈や社会福祉法人会誠信会長谷川理事長の「有縁社会」と題した講演やパネルディスカッションと盛り上がり、特にアトラクションとして東中生と第六天太鼓による「東中太鼓」、「大龍の舞」は素晴らしく、会場から大きな拍手が送られていました。
大会を通して、あらためて福祉向上が図られた100年の歴史を振り返り、偉大なる郷土の偉人笠井氏を顕彰するとともに、現在の民生児童委員の皆様方の活動には感謝せねばならないと感じました。
CIMG0192

懇親会最後には、なぜか万歳三唱から三本締めに代わってしまいましたが、大会を仕切った福祉総務課長が締めて閉会となりました。

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page