「富士市にあるものに磨きをかける」取り組みについて発信

CIMG0048CIMG0050CIMG0053
ゴールデンウイークを前にして、富士山吉原ロータリークラブで卓話をやらしていただきました。卓話の依頼内容としては、「富士市で行われ始めたバンジージャンプの状況を中心に活動報告として好きな事を喋って頂きたい」との事で安請け合いをしたものの、いざ喋る段階が近づく前の日に、ロータリーの皆様にいい加減な事は喋れないと思い、映像を交えてのパワーポイントでの資料を慌てて作成しました。
題して、市長が常々言っている「富士市にあるものに磨きをかける。無いものねだりではなく、ある物探し」として、近年議会でも発言している私が取り組んできている事として大きく次の4つの事について話しました。
CIMG0057 CIMG0058
1、富士山とれんげと新幹線のビューポイント整備
2、新幹線の利便性向上と利用促進活動
3、富士市唯一の国指定の史跡・浅間古墳を含む、県、市指定史跡古墳の保存・整備、活用をしての歴史公園としてまほろばの丘公園の推進
4、富士市のバンジープロジェクト富士バンジーの推進
です。
CIMG0056 CIMG0060 CIMG0061

富士山吉原ロータリークラブの会員は市内経済人が70名近く在籍しており、会員には商工会議所会頭、副会頭、教育委員、その他各種団体の長も沢山おり、地域においての影響力のある方々が多くいらっしゃいます。その意味では、以前にもロータリークラブではバンジージャンプについて導入前に誘致をしている事を話させて頂きましたが、今回はバンジージャンプ以外にも、私が取り組んでるいる「富士市にあるものに磨きを掛ける」事について知ってもらう機会でもありありがたい事でありました。

30分間と言う短い話ではありましたが、会員の皆様には、興味深い話が面白く聞けたと好評でありましたのでちょっと苦労して、映像を交えての資料を作ってよかったと胸をなでおろしています。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page