忘年会シーズンに突入して複雑な感じ・・

CIMG5108 CIMG5113

気が付けば12月。1年が過ぎる速さを改めて感じます。師走と言われるように私も12月の予定はぎっしりと入っています。12月に入って、忘年会が続きますが、手始めに、毎年恒例のイデシギョウグループの望年会と清水銀行の忘年会に参加してきました。

イデシギョウグループの忘年会は、忘れるでは望む望年会としています。井出会長の挨拶では、本年はイデシギョウグループの18社すべてが黒字で、800億の売り上げがあり、本年度も様々な設備投資をしながらも4%の利益計上がされている状況説明の後、今後も大企業ではなく、中小企業としての、スモールジャイアントとしての会社経営を目指すことが語られていました。また、井出社長からは2年後の70周年には帝国ホテルで盛大に開催することの宣言がなされていました。
CIMG5111 CIMG5110
富士市においてのトップクラスの元気企業でもあるイデシギョウの望年会に参加して想う事は、会長、社長の経営能力の高さには尊敬の念を抱くと共に、イデシギョウグループの経営コンサルタントである澤田三吾先生からは、「やればできるのではなく、やればの「ば」を抜いて、「やる。」と言う姿勢が大事である」と今年もありがたい話があり勉強になります。同時に、イデシギョウさんからは、富士市に30万円寄付がされており、感謝に堪えません。毎年、富士市にとっても、私にとっても望みが与えれます
CIMG5114
イデシギョウさんの望年会に参加した後の清水銀行さんの忘年会では、抽選会の商品が当たりました。運が良いです。宝くじも頂きましたが、もしかしたら当たるかも思ってしまいました。
12月だけでも、忘年会を含めお酒の出る会合は、19日もあります。
お声がかかる事は嬉しいのですが、お酒の飲む機会が続くのは身体にも負担がかかり、苦しいような複雑な感じです。特に12月は身体を壊さないように気を付けねばと思っています。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page