28年度9月定例会一般質問

1、富士市唯一の国指定史跡浅間古墳の整備を含む史跡活用について
2.キャリア教育先進市としての充実とさらなる取り組みについて

私は先に通告しています2項目について質問いたします。まず一項目目の富士市唯一国指定史跡浅間古墳の整備を含む史跡活用についてですが、富士市には歴史的にも文化的にも重要な埋蔵文化財が存在します。市内には現在800の古墳があるといわれ、特に富士市東部には多くの古墳があるとされています。中でも須津・浮島地区においては縄文時代、弥生時代の遺跡も発見されており、古墳時代の遺跡は須津・浮島地区から数多く発見されています。須津地区に多くある古墳は須津古墳群と名づけられ、その古墳の中には、昭和32年7月に国指定された増川にある浅間古墳、昭和33年9月に県指定された中里にある琴平古墳、昭和51年7月に市指定された神谷の千人塚古墳と国、県、市と指定文化財に史跡認定されていますが、1つの地域に重要な遺跡が3つ存在することは全国的に珍しいとされています。特に重要な富士市で唯一国指定されている浅間古墳について更に簡単に説明すれば、浅間古墳は4世紀後半頃の前方後方墳で、東西に長く、墳長103メートル、後方部幅61メートル、前方部40メートル墳丘前面に葺石が施され一部には周溝らしき凹部があるとされる静岡県東部で最も大きい古墳です。浅間古墳自体は未発掘の為に詳細が不明な点は多いのですが、築造時期、規模からしてスルガの国の王墓であるとされ、全国でも屈指の古墳と言われています。しかし、その価値は多くの人に知られていない。と言うのも、これらの浅間古墳を含む史跡は重要な富士市の財産でもありますが、史跡指定以来現状での保存で、整備や活用が十分行われていないのが実情であります。

文化財としての史跡は富士市の、地域の重要な公共財産であるならば、保存だけでなくその価値を高めるためにも歴史の謎を解き明かす上での整備をする発掘調査の必要性は感じます。ただ、一般的に学術調査としても発掘調査は難しく、国指定史跡浅間古墳であっても昭和32年に認定されてから60年近くの長年において、発掘調査が行われないままであります。しかしながら、富士市の公共財産として、今後は、重要な史跡は保護、継承していくだけではなく、富士市の誇るべきものとしての活用を考え、富士市の魅力として発信するためには整備を考えた発掘調査を市として求め進める事が有益であると思っています。

富士市の東部に光を当てたいという思いは強いのですが、情報発信を含め、将来的には史跡の活用に向けての内容確認の発掘調査が行われれば、地域の文化・歴史が明らかになり教育に寄与したり、富士市の大きな観光資源になりうる可能性を秘めていると思われますので以下の質問を致します。

(1) 富士市の重要な史跡の保存、管理及び史跡を含む埋蔵文化財の発掘調査の考え方はどのようなものでしょうか。

(2) 富士市で唯一の国指定の浅間古墳の活用に向けて、地域、所有者、専門家、行政等を交えての整備計画が必要と思うがいかがかでしょうか。その上で、今後、国(文化庁)・県(教育委員会)に対しての発掘調査の整備要望をすべきと思うがいかがかでしょうか。

(3) 富士市東部の史跡を観光振興や教育に活用する観点からももっと有効に利用すべきと思うがいかがかでしょうか。

次に2項目目のキャリア教育先進市としての充実とさらなる取り組みについてですが、

日本社会においてさまざまな領域において構造的な変化が進行しています。特に産業や経済の変容は雇用形態の多様化、流動化にも直結し、子どもたちの中には将来に不安を感じ、学校での学習と自分の将来との関係に意義が見いだせずに学習意欲が低下している状況があるとの指摘もあります。このような中で、キャリア教育として、一人一人が「生きる力」を身につけしっかりとした勤労観・職業観を形成・確立し将来直面するであろうさまざまな課題に柔軟かつたくましく対応する力を高めることが求められてきました。その上で、キャリア教育は、新たな定義として「一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す教育」と示され、より重要性は増しています。国においても、子ども・若者たちの育成として、学校教育のおいても、現在「キャリア教育」が推進されていますが、実施にあたっては、企業・地域の協力が不可欠です。なぜなら、企業・地域の人々が「本物の社会」「本物のシゴト」を教えることが、子供たちの興味・関心を惹きつけ、「働くこと」に対する価値観の醸成、学習意欲向上などにつながっていくからです。同時に、産業界による教育支援活動は、単なる社会貢献活動にとどまらず、社員のモチベーション向上や地域活性化につながるなど、産業界側にも様々な効果をもたらしており、企業や地域社会が積極的に教育支援活動を行う事例が増加してきています。 私も富士市でのキャリア教育の推進については、議会でも何度も取り上てきましたが、既に富士市では、早い段階でキャリア教育の重要性を十分認識の上、取り組みは進んでいる事は理解しています。今までの各小・中学校での職業講話、職業体験を初め、男女共同参画授業の実施、富士市立高校では探求学習としてキャリア教育の積極的な取り組み、企業等と連携してのキッズジョブや若者の為のキャリアデザイン支援室であるfきゃるでの対応等キャリア教育を取り巻く環境は高い評価をしてもよく、あらためて、富士市はキャリア教育先進市と言っても間違いはない事です。また、現在では、富士市のキャリア教育を研究する懇話会が設立されてシンポジウム等の取り組みが行われており、キャリア教育を積極的に事業として取り組んでいる商工会議所青年部及びfきゃる等の力を借りてキャリア教育の充実が図られています。ただ、先進的なさまざまな取り組みはあるものの連携のあり方や懇話会を進めていく上での課題はあると思われます。

今後、キャリア教育の先進市として、子どもたちのためのキャリア教育を推進、充実していく上では、議会で以前から求めて来たこととして、学校、地域、企業、団体、NPO、行政等、組織的、一体的な連携の関係及び仕組みづくりが重要であります。現況の懇話会の充実はもちろんですが、さらなるステップアップをして、キャリア教育を推進する時期が来ていると思われるので以下の質問を致します。

(1) 富士市のキャリア教育の現状や課題をどのように捉えているのでしょうか

① 学校においての職業講話、職場体験、男女共同参画授業の実績は。またfきゃるとの連携はどのように進められているのでしょうか

② 富士市立高校においてのキャリア教育の状況は如何でしょうか。

③ キッズジョブの状況をどのように捉えているかでしょうか

④ 富士市のキャリア教育を研究する懇話会での取り組みはどのようなものでしょうか

(2) あらためてキャリア教育の充実を図る上では(仮称)キャリア教育推進協議会の設立を進めるべきと思うがいかがかでしょうか以上2項目について一回目の質問と致します。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page