文教民生委員長として楽しまなければ。

子育て講演会 CIMG4287
富士市議会での文教民生委員長を仰せつかって4カ月経ったのですが、文教民生委員長としての所管事業、イベントへの出席依頼は思ったより多いです。原則要請があるものはすべて参加しようと思っています。
CIMG4290 CIMG4297

今週に入ってからも、静岡県私立幼稚園振興協会が主催する子育て支援キャラバン事業として松居和氏の教育講演会、富士市立吉原東中学校の屋内運動場落成式記念式典と来賓として出席しています。例年よりも委員長をやっている関係で、今までも忙しいと感じていたのが、さらに拍車がかかって忙しさは感じます。ただ、ありがたい事に委員長として、出席させて頂くことで、様々な視察や講演会等も含め勉強にもなっています。
私が文教民生委員長だけでも所管事業の出席要請が多いと感じるのですから、議会には常任委員会がその他に3つある訳ですから、他の委員会(建設水道委員会、総務市民委員会、環境経済委員会)の委員長もそれぞれの所管する事業の出席要請はあるはずですので、全ての事業へ参加するとなるとかなりの数になると思われます。その全ての事業に、市長、議長は参加して挨拶を述べていますので、参加すればいいという委員長とは違いさらに大変であるとあらためて思います。
今年は特に市制50周年の記念の年として、さらに多くのイベントがあります。委員長をやりながらも、市長、議長に比べたら、忙しいなんて言うのはおこがましいと思いました。
私自身、せっかく頂いた役割ですので、忙しいなんて思わずに文教民生委員長として楽しんで役割を担わなければ申し訳ないと考え直しています。なによりも楽しむという気持ちが大事です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page