キズナ無限の島事業から帰ってきましたが・・・

CIMG3637キズナ無限∞の島事業の研修場所である大変海のきれいな宮城県気仙沼大島より戻ってきました。
震災で被害を受けた気仙沼大島での研修生の様々な体験、世代間を超えた交流、そして研修を通しての気づきを考えるキズナ学習等、参与として見学させて頂きました。私自身も大変良い勉強にもなりましたが、特に良かった事としては今回、本当に天気に恵まれた中での研修でもあった事です。ただ、研修報告として書きたい事は山ほどありますが、出かけると同時に、地域で昨年小学校のPTA会長を務めた方が、海で不慮の事故で亡くなった連絡がありました。帰ってきてから、通夜に参列してきましたが、故人はPTA活動を始め、生涯学習にも熱心な方で、私も議員と言う立場もありましたが、同世代でよく話す機会もあったので、突然の海での事故にショックでブログを書く気に成れませんでした。
キズナ無限∞の島事業の報告については、あらためて掲載していきますが、事業を見て、強く感じた事は、それぞれの班の研修生を束ねる班長、実行委員、そしてブロック長の研修先での熱い指導力には感心させられました。今回、事業に参加してみて、研修生の成長を支えているのが実行委員会である事が良く分りました。この事業の成功は実行委員会の力によるものが大きく、今後、事業を続けていく上では、実行委員会組織の人材確保と育成が重要なポイントであると感じました。
キズナ無限∞の島事業については、引き続き写真入りでのブログを掲載していきますが、とりあえず、無事帰ってきている事を報告します。

葬儀を前に残された家族の皆様の事を考えると胸が痛みます。
故人に合掌。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page