望月芳将議員の「生んでよし、育てよし」の実践

CIMG3442 7月最後の週末はイベントが多く、ブログに掲載したい事が沢山ありましたが、PCを開いてている暇もありませんでした。ようやく日曜の夜遅く時間ができたので少しづづ発信したいです。まずは、忙しかった週末での出来事の1つとして、望月芳将富士宮市議会議員の結婚披露パーティーがありました。過去に遡っても富士宮市議会では初めて現職議員の結婚であり、同僚の市議、部課長の市職員、ライオンズ、浅間大社、後援会を始め多くの人が参加してのバーティーでもありました。
私と望月議員の関係としては、望月議員は37歳と若いのですが既に私と同じく3期目の富士宮市議で、保守系議員としてのお付き合いはもちろん、政策的にも私が勧める新幹線新富士駅への最終便の増便についても議会で取り上げてもらったり広域的な連携もしています。
本人も言っていましたが議員としての大きな公約の1つには、結婚がありましたが、ようやく念願の結婚を5月31日に済ませ、公約実現のお披露目のパーティーの開催となりました。
(須藤富士宮市長の挨拶)     (同僚市議からのメッセージ)
CIMG3440 CIMG3445

本人挨拶では、富士宮市の第5次総合計画が始まっていますが、将来の都市像として「住んでよし 訪れてよし」「出会ってよし 結ばれてよし」「生んでよし 育ててよし」「学んでよし 働いてよし」のまちづくりを掲げており、議員として自らが「出あってよし、むすばれて良し」を実践しましたので、これからは「生んでよし、育ててよし」に向けて実践していきます。と新たな公約を掲げての挨拶をしてくれました。
人口減少時代、「生んでよし、育てよし」いいじゃないですか!!
多くの子供を設け、議員として有言実行を示してください。
CIMG3446
来賓挨拶を聴いていても、望月議員が富士宮市の将来を担う逸材であり、結婚をしたことに更なる活躍が期待されています。
あらためて望月議員ご結婚をの祝福いたします。末永くお幸せに!!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page