経産省に職員派遣 CNF実用化に向け 富士市議会で市長が答弁

富士市の小長井義正市長は3日の市議会2月定例会代表質問で、新素材「セルロースナノファイバー」(CNF)の実用化に向けた取り組み強化のため、新年度から経済産業省に市職員を派遣する考えを示した。国とのパイプを構築し、国内外の研究開発の動向や先進的な情報収集を図っていく。荻田丈仁(自民クラブ)に答えた。CNFを所管する同省製造産業局服飾品課に職員1人を派遣する。期間は2年程度と想定している。
CNFは企業は大学などで研究開発が進められているが、中小企業は具体的な情報や技術支援を十分に得られていないのが実情。小長井市長は「実用化に向けて積極的に取り組みたい」と答えた。
静岡新聞3月4日朝刊掲載記事

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page