コンビニでの時代を見据えての取り組み

コンビニで新たな取り組みとして進めている気に成る事があります。
昨年の12月トヨタが水素で走る新型燃料電池車(FCV)を発売して大きな話題となりました。FCVは水素と酸素を化学反応させて電気をつく燃料電池を搭載したモーターで走る車であり、究極のエコカーと言われています。国の施策においても水素に大きく舵を切ろうとしています。そのような中でセブンイレブンは、いち早く次世代の基幹エネルギーとして期待される水素と燃料電池の普及に貢献するため本年度東京都と愛知県を皮切りに水素ステーション併設店舗を2017年度までに20店舗順次オープンする予定だそうです。
(セブンイレブンに併設した水素ステーション店舗のイメージ)

CIMG0745

併設店舗には水素タンクだけではなく純水水素型燃料電池を設置して発電も行い小売店舗における燃料電池活用についても実証実験も実施していくとしています。エネルギーを輸入に頼る日本の将来をダイナミックに変える可能性を秘めた水素エネルギー。
コンビニからの時代の先を見据えての取り組みは、更なるお客様の利便性の向上及び水素エネルギー普及の一翼を担う社会貢献としても評価できる取り組みであると感じています。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page