官民一体で津波対策 田子の浦港対策協新設へ (静岡新聞)

富士市で官民一体となって津波対策を行う方向で調整が進んでいる事が25日明らかになった。鈴木尚市長は同日の市議会6月定例会荻田丈仁氏(市民クラブ)の一般質問で田子の浦周辺の民間事業者から提案されていると答弁。「田子の浦港津波対策協議会」新設に向け、指導することも明かした。
田子の浦港を工業港だけでなく観光港としても生かせるよう客船や帆船の誘致などソフト・ハード面での整備進める。
6月26日静岡新聞

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page