100ミリ安心プラン 沼川流域全事業早期完了に期待 (富士ニュース)

小長井市長は、「小潤川、伝法沢川は沼川整備計画と整合を図りつつ重点的な整備が考えられる。沼川流域全体の事業素早期に完了できると期待している」との見解を示した。
荻田氏は関連で、沼川整備計画における沼川新放水路事業で市東部地域の水害軽減策の効果について質問。(中略)
「沼川流域の抜本的な浸水対策は石水門の拡幅であり、津波対策としても優先度が高い。将来計画になっているが強く要望していくと伝えた。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page