カテゴリー別アーカイブ: 福祉

「Hugくむ(ハグクム)」富士市子育てガイドブックの周知は大事!

富士市が創った子育てガイドブック「Hugくむ」を知っていますか? 私は2月議会で「子どもを産みやすくする環境整備をする為の基金の創設について」をしましたが、これは、若い人口を増やす少子化対策の強化としての出生率向上を図る …

富士市の誇るべき郷土文化「大龍の舞」

   富士市の郷土芸能の1つとして素晴らしいものがあります。それは、民生委員制度創設100周年のアトラクションでの富士市立東中学校と第六天太鼓の皆様が演じられた「東中太鼓」と「大龍の舞」ですが、私は初めて見たのですが本当 …

民生児童委員の父は富士市出身!

  民生児童委員の日の5月12日に文教民生委員長として、民生委員制度創設100周年記念富士市大会に参加してきました。知っているようで知られていない事として、同制度の前身となる済世顧問制度の創設者笠井信一氏は「民生児童委員 …

ユニーバーサル就労の今後のあり方

富士市で誰でもが働きやすい環境整備を進める為に条例化されたユニバーサル就労推進条例に基づいて新年度より事業が始まっていますが、ユニバーサル就労自体の言葉の意味が一般的にまだ理解がない状況もありますので、ユニバーサル就労を …

子どもを産みやすくする環境整備をするための基金の創設について

平成29年度2月定例会一般質問通告文掲載 「子どもを産みやすくする環境整備をするための基金の創設について」 人口減少が進む富士市においては、定住促進も含め、若い人たちが子どもを産み育てやすい環境づくり、子育てを支援する事 …

「看取り」について考えさせられました。

議会での一般質問の準備や議案勉強をと思うのですが、週末はこのところいつも予定がぎっしりと入っており、思うように時間が取れないのが実情です。土曜日も、富士介護サービス研究集会、ユニーバーサル就労のシンポジウムと開催されてお …

子どもの貧困を考える上での社会的相続の重要性

富士市青少年問題協議会の委員に任命され、その協議会に出席してきましたが、その中で、子どもの貧困についての勉強会がありました。現在、子どもの貧困率が6人に1人であると言う社会的な問題に対して県が進めている静岡県子どもの貧困 …

麻布子ども中高生プラザ等複合施設とは?

先日、文教民生委員会として、東京都港区にある麻布子ども中高生プラザ等複合施設に行ってきました。 施設内には保育園もありましたが、今回の視察内容としては、「麻布子ども中高生プラザ・ありすいきいきプラザについて」でしたので、 …

「であい ふれあい わかちあい」を実感。

   36回市民福祉まつりが天候に恵まれた中で、多くの人が集まり盛大に開催されました。市民福祉まつりは、ノーマライゼーションの理念に基づき、あらゆる人が気軽に心地よくふれあえる場を創出し、福祉への理解を深め、共に生きるま …

体育の日はフラダンスで締めくくり!!

3連休最後の体育の日、朝から保育園運動会、富士川で子ども会ドッチボール大会、浮島にある福祉施設2人3脚さんのお祭りと西から東とあちらこちらのイベントの梯子でしたが、2人3脚祭りで開会式の挨拶が終わってホッとしたところで、 …

風船に福祉の充実が進むよう想いを乗せて!

 富士市大渕にある福祉キャンパスふじやま学園、くすの木学園での福祉キャンパス祭りが開催されましたので、文教民生委員長として参加してきました。入所者の保護所をはじめ、大渕地区町内会や関係機関、ボランティアの多く方が関わって …

介護について学ぶ大切さとは・・

 私が顧問を務める富士岳南地域まちを考える会の例会で、会員の知識向上を図る事を目的に、市政いきいき講座を通して申し込んだ介護保険課の職員による「介護保険講座」の研修会を開催しました。私の養父は91歳です。また、実の両親も …

2人3脚祭りでアカペラグループ「FLAT  FIVE]

富士山に初冠雪がありました。例年より5日早いそうですが、凄く天気の良い秋晴れの日に富士市の境にある小規模多機能型居宅介護施設2人3脚祭りに参加してきました。 名前の通り、住み慣れた地域で安心して暮らせる社会を目指し、認知 …

ユニバーサル就労推進の調査

障害のある人の自立や社会参加の動きが高まってきていますが、その中で、注目されているのが「障害者の就労」です。今年発足した富士市議会ユニバーサル就労推進議員連盟では目的にある活動の一環として「ユニバーサル就労に関する市内外 …

母親大会で貧困問題を勉強する。

   第53回静岡県母親大会が私の母校富士高で開催されました。 以前、案内をもらった中に、興味のある内容の分科会がありましたので参加してきました。私が参加してきた分科会は「広がる格差、深刻化する貧困、日本は本当に福祉国家 …

「福祉とは?」

須津地区福祉推進会の総会にして出席してきました。人口減少が顕著に表れ始めた中での福祉向上は重要課題です。 須津地区福祉推進会でのスローガンは、「誰もが健康で安心して暮らせる須津に」としています。 改めて「福祉とは?」とネ …

地域での敬老会中止。

9月16日は私の住む地域での須津地区と江尾地区の敬老会が予定されていました。しかしながら台風18号の接近の為、議員になって初めて予定していた敬老会が中止となり参加できませんでした。 雨風が強まり、朝から大雨洪水暴風警報が …

浮島地区敬老会のアトラクションで感動!

富士市の一番東の地域でもある浮島地区敬老会に出席してきました。平成25年度敬老会対象者は246名、出席者は97名であります。顔見知りの方も多いので一人一人にお祝いを述べてきました。挨拶が一通り終わるころに、ステージでは、 …

賑やかだった福祉キャンパス祭り

大渕にある福祉キャンパスふじやま学園とくすのき学園の子どもや利用者が地域の皆様、関係機関の方々、保護者、ボランティア等の協力をしてもらいながら福祉キャンパス内でお祭りを毎年行っています。その「福祉キャンパス祭り」に、文教 …

福祉の里で開催される岩倉観音祭り

議員になってから初めて社会福祉法人誠信会が大渕の福祉の里で開催する岩倉観音祭りに参加してきました。かつては岩倉観音祭りに行ったことがありましたが・・と言うのも・・・ 誠信会さんには以前、養父が定年後お世話になっており、岩 …

これからの福祉推進会について

最近のテレビや新聞でも日本の国の少子高齢化が急激に進んでいる事が大きく報道されています。(日本の高齢化率は24,1%)この状況は私が進んでいる須津地区においても同様な事が言えます。 須津福祉推進会の総会において、これから …

更生保護・保護司・黄色い羽根の意味は???

その富士市保護司会会長の太田昭道氏から、更生保護と保護司についてのお話を聞く機会がありました。その際に黄色い羽根について意味を知りました。 まずその前に、「更生保護」とは、罪を償い再出発する人達の立ち直りを導き、助け再び …

1 / 212